front


当センターについて

ホームページをご覧いただきありがとうございます。

昭和21年(1946年)4月に平和病院が誕生して76年となりました。歴史ある地域に根付いた平和病院は、待望の新病院と横浜脊椎脊髄病センターに生まれかわり、毎日たくさんの患者様にご来院いただいています。そしてセンター開設11年を迎える事ができました。 大切な患者様をご紹介いただいております医療機関の先生がたに心より感謝申し上げます。

脊椎脊髄疾患の治療は困難で、手術も大変難しいとの認識がございます。 患者様やご家族の皆様に安心していただける医療を考え、安全かつ最新の治療を提供してまいりたいと存じます。 患者様やご家族の皆様、さらには地域の先生がたとの連携を大切に、医療を共有しながら病気の苦痛を取り除くため努めてまいります。

外来治療、各種検査、安静・リハビリ入院、低侵襲手術から根治手術、さらには術後リハビリに至るまで「ここに来れば全てを満たす脊椎拠点病院」としてトータルな医療を提供いたします。 職員一同力を合わせ「脊椎脊髄疾患に特化した質の高いチーム医療」を提供し、患者様が笑顔で病院を後にして頂けますよう努めてまいります。

どうぞよろしくお願いいたします。

平和病院 副院長・横浜脊椎脊髄病センター
センター長 田村睦弘

 

さらなる飛躍と患者様の安心のために・・・

この度、「病院最前線2022(毎日新聞出版)」の専門医データにおいて、私の脊椎脊髄手術執刀件数が全国最多であったとのご報告を頂きました。 前回(2017年)の調査に続いてのことであり、大変光栄であると同時に、身の引き締まる思いでございます。

 

 

横浜脊椎脊髄病センターからの「お知らせ」

 
 

更新情報
2022/02/01本トップページの田村センター長のごあいさつを掲載しました。(上記)

 

外来のご案内
田村医師の初診(月曜日午前,火曜日午前)は完全紹介制のため、田村医師宛の紹介状をご持参下さい(初診の予約は不要)。

【受付時間】(午前)8:30~11:30 (午後)1:00~4:30

診療時間
午前 田村 田村 加藤 野中 大島 交代制
大島 加藤
午後 野中 田村 交代制 野中 野中
骨粗鬆症
外来
休診日
日曜・祝祭日

 

手術実績・症例数

手術実績・症例数を毎月更新しています。

2年実績1年実績30年実績29年実績28年実績27年実績26年実績25年実績24年実績


脊椎腫瘍、脊髄腫瘍、化膿性脊椎炎、インプラント抜釘術、急性硬膜外血腫除去術、胸椎手術、ヘルニコア椎間板内酵素注入手術などの手術件数は表内の手術実績・症例数に含めておりません。
実際の総手術実績・総症例数は本表より多い数となります。
令和4年実績からは、各術式とも1年間の総件数の集計結果となります(令和5年1月に更新予定です)。

腰椎除圧手術
(内視鏡手術、開窓術)
腰椎固定手術
(低侵襲固定、BKP、広範囲固定)
頚椎手術
(拡大術、前方手術、固定術)
合計
令和3年1月 21 19 5 45
令和3年2月 27 15 6 48
令和3年3月 40 20 10 70
令和3年4月 35 26 10 71
令和3年5月 31 21 8 60
令和3年6月 23 17 5 45
令和3年7月 29 18 5 52
令和3年8月 31 18 12 61
令和3年9月 18 16 6 40
令和3年10月 25 20 5 50
令和3年11月 28 26 8 62
令和3年12月 20 9 4 33
合計 328 225 84 637
生涯脊椎脊髄手術執刀実績

田村睦弘センター長脊椎脊髄手術執刀数(生涯執刀数)を下記表に掲載します。
毎月の手術実績はこちら

腰椎除圧手術
(内視鏡手術、開窓術)
腰椎固定手術
(低侵襲固定、BKP、広範囲固定)
頚椎手術
(拡大術、前方手術、固定術)
合計
平成7-11年
(5年間)
121 62 37 220
平成12-16年
(5年間)
331 212 81 624
平成17-21年
(5年間)
762 631 132 1,525
平成22-26年
(5年間)
1,211 593 316 2,120
平成27-令和1年
(5年間)
2,029 978 293 3,300
令和2年 325 231 80 636
合計 4,779 2,707 939 8,425

 

平和病院横浜脊椎脊髄病センターで施行している術式

当センターでは以下の術式を施行しています。下線付き緑文字の術式は、詳細ページにリンクしている術式です。

 腰椎疾患

椎間板後方切除術(Love法)
開窓術(MIS片側進入両側除圧)
椎弓切除術

腰椎後方椎体固定術(PLIF,TLIF)
腰椎後側方固定術(PLF)

破壊性脊椎関節症脊椎固定(透析DSA)
骨粗鬆症後方矯正固定・短縮術(PS0)

 頚椎疾患

頚椎後方(椎間孔)除圧術
頚椎後方固定(PS固定)

環軸関節脱臼固定術(C1-2)
頭蓋頚椎固定術(C0-2)
Chiari奇形大後頭孔減圧術

 胸椎疾患

黄色靭帯骨化切除術
後縦靭帯骨化症広範囲後方除圧固定術

 脊椎腫瘍・脊髄腫瘍

原発性脊椎腫瘍切除術
転移性脊椎腫瘍後方固定術
転移性脊椎腫瘍全摘術(TES)
硬膜内髄外腫瘍切除術(神経鞘腫,髄膜腫)

 側弯症

特発性側弯症矯正固定術
変性側弯症矯正固定術

 感染性脊椎炎

腸腰筋膿瘍掻爬術
化膿性脊椎炎椎間板掻爬生検術
化膿性脊椎炎前方掻爬固定術
結核性脊椎炎前方掻爬固定術

 外傷

脊椎損傷後方除圧固定術
脊椎損傷前方除圧固定術

 脊髄係留症候群

脊髄係留症候群終糸切離
脊髄係留症候群脊椎短縮術